プロフィール

cozy

Author:cozy
写真から
感じてみて

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ようこそ

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1374' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
423

2011年11月 写真の殿堂 入選

「選評」 長時間露光で捉えた1枚のようです。星が瞬き、霧のようなものもうっすらと出ています。そして手前に鯉らしき姿が浮かんでいます。これがとても効いています。単なる風景写真ではなく、私的なものになるからです。遠い他者の風景が自分の風景になるとでも言えばいいでしょうか。湖を大胆に取り入れたことで、なんとも言えない怖さを感じます。例えれば日本の昔話のような。「小林紀晴氏」... <a href="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/2011E5B9B411E69C88E38080E58699E79C9FE381AEE6AEBFE5A082+E585A5E981B8E4BD9C.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/2011E5B9B411E69C88E38080E58699E79C9FE381AEE6AEBFE5A082+E585A5E981B8E4BD9C.jpg" alt="2011E5B9B411E69C88E38080E58699E79C9FE381AEE6AEBFE5A082+E585A5E981B8E4BD9C.jpg" border="0" width="767" height="663" /></a><br /><a href="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/E98CA6E7A78BE5A49CE68385E380801024.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/E98CA6E7A78BE5A49CE68385E380801024.jpg" alt="E98CA6E7A78BE5A49CE68385E380801024.jpg" border="0" width="1024" height="681" /></a><br /><br /><br />「選評」<br /> 長時間露光で捉えた1枚のようです。星が瞬き、霧のようなものもうっすらと出ています。そして手前に鯉らしき姿が浮かんでいます。これがとても効いています。単なる風景写真ではなく、私的なものになるからです。遠い他者の風景が自分の風景になるとでも言えばいいでしょうか。湖を大胆に取り入れたことで、なんとも言えない怖さを感じます。例えれば日本の昔話のような。「小林紀晴氏」<br /><br /><br />
422

デジタルカメラマガジン 2012年1月号選考 デジタルフォト準優秀賞作品

頂きました。3500点越えの応募作品があったらしいですからそんな中コンデジ撮影のものでの入選、妙に複雑に嬉しいです。この作品状況は写真を見ての通りの気持ち良い空の下で車の屋根にカメラをゴリラポッドで立たせてアングルしND400とND4を2枚重ねで露光時間を稼ぎ作り出しました。フィルターはこれ専用径ではなく、普段の77mmのものをレンズの前にかざしてひたすらじっと1分間プルプルしながら我慢してホールド(笑)この状態... <a href="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/20120104001136806.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/20120104001136806.jpg" alt="頂きました" border="0" width="668" height="394" /></a><br /><br /><br />頂きました。<br /><br />3500点越えの応募作品があったらしいですから<br />そんな中コンデジ撮影のものでの入選、妙に複雑に嬉しいです。<br /><br /><br />この作品状況は写真を見ての通りの気持ち良い空の下で<br />車の屋根にカメラをゴリラポッドで立たせてアングルし<br />ND400とND4を2枚重ねで露光時間を稼ぎ作り出しました。<br />フィルターはこれ専用径ではなく、<br />普段の77mmのものをレンズの前にかざして<br />ひたすらじっと1分間プルプルしながら我慢してホールド(笑)<br />この状態でAFが効くのもコントラストAFのメリットかもしれませんね。<br /><br />絞りコントロールの出来ない融通の利かない事から<br /><br />P10ユニットを下取りに出してS10ユニット購入した1万円の追金が<br />嬉しい事に報奨金でペイできるという嬉しい出来事になりました。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/Thinks+1+minute.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/Thinks+1+minute.jpg" alt="Thinks+1+minute.jpg" border="0" width="800" height="533" /></a><br />
355

「輝く東北~風景写真家からのメッセージ」2012カレンダー

隔月誌「風景写真」誌の企画として株式会社NTTクオリス様の2012カレンダーに震災地への1000人の写真応援企画のメッセージのうちの12人の1人として12月分担当を僕の写真が飾る事になりました。... <div class="separator" style="clear: both; text-align: center;"><a href="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/blog_import_4edefa940087f.jpg" imageanchor="1" style="margin-left: 1em; margin-right: 1em;"><img border="0" src="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/blog_import_4edefa940087f.jpg" /></a></div><br /><br /><span id="photodescription">隔月誌「風景写真」誌の企画として<br />株式会社NTTクオリス様の2012カレンダーに<br />震災地への1000人の写真応援企画のメッセージのうちの12人の1人として<br />12月分担当を僕の写真が飾る事になりました。</span>
  • Date : 2011-12-05 (Mon)
  • Category : 写真
356

受賞作品&掲載作品とピックアップ、審査通過等

08年7月6日 Daily Picks「積んで帰るぞ」Top掲載08年 第10回 鉄道ジャーナルフォトコンテスト「緑中の朱」 佳作 08年 第11回 鉄道ジャーナルフォトコンテスト(最終回)「オレンジを渡る時間」佳作 08年 第11回 鉄道ジャーナルフォトコンテスト(最終回)「オレンジを渡る時間」 特別賞 08年9月 dpC2 2008年10月号「オレンジのビタミン」「入選」08年9月 DCM 2008年10月号入門投稿部門「It splashes.」「次点」08年11月 dp... <br /><dl id="albumInfo"><dt><a class="albumFrame" href="http://www.blogger.com/blogger.g?blogID=4923117790328474259" name="albumFrame"><img alt="受賞作品&掲載作品とピックアップ、審査通過等" height="50" src="http://photo.sbcr.jp/photos/public/zwne/muabidrzskdgjrgi_at.jpg?x=1322997892000" width="85" /></a></dt><dd>08年7月6日 Daily Picks「積んで帰るぞ」Top掲載<br />08年 第10回 鉄道ジャーナルフォトコンテスト「緑中の朱」 佳作 <br />08年 第11回 鉄道ジャーナルフォトコンテスト(最終回)「オレンジを渡る時間」佳作 <br />08年 第11回 鉄道ジャーナルフォトコンテスト(最終回)「オレンジを渡る時間」 特別賞 <br />08年9月 dpC2 2008年10月号「オレンジのビタミン」「入選」<br />08年9月 DCM 2008年10月号入門投稿部門「It splashes.」「次点」<br />08年11月 dpC1 2008年12月号「水たまりの下の街「入選」<br />08年12月 DCM 2009年1月号「あいあいがさ」一般投稿部門「準優秀賞」<br />08年12月 DCM 2009年1月号「冬のモーション」入門投稿部門「佳作」<br />08年12月 DCM 2009年1月号「夕色のカモメ」入門投稿部門「次点」<br />08年12月 dpc1 2009年1月号「渡る雨上がり」「入選」<br />09年1月15日 Daily Picks「空と大地と存在と 虚無と希望と現実と」Top掲載<br />09年1月 DCM 2009年2月号「Synchronized fly away.入門投稿部門「入選」<br />09年2月 dpc1 2009年3月号「軒先」「入選」<br />09年3月16日 Daily Picks「閉じ込めた夢」Top掲載<br />09年4月3日 Daily Picks「雪の波」Top掲載<br />09年4月 dpc1 2009年5月号「ha za ma」「入選」<br />09年5月 DCM 2009年6月号「金緑の朝」一般投稿部門「佳作」<br />09年6月16日 Daily Picks「BAKUDAN(青春の封印)」Top掲載<br />09年6月 dpc1 2009年7月号「水の大地」「入選」<br />09年7月 マイコミジャーナル第5回いつまでも残したい道「アノヒ ソラヲ 」ピクトリコ賞<br />09年7月 マイコミ第5回いつまでも残したい自由課題「もうひとつの夕幕が香る 」ピクトリコ賞<br />09年7月14日 Daily Picks「Blue来渡 」Top掲載<br />09年7月18日 GANREF 夢フォトコンテスト「28時 時 蒼く」「優秀賞」<br />09年7月24日 GANREF Featured Photos「雲の上の月と星&幸せと平和」「ギャラリー」<br />09年8月 dpc1 2009年9月号「Optical mark.」「入選」<br />09年9月13日 Daily Picks「星をシェイク 」Top掲載<br />09年9月 dpc1 2009年10月号「おはようの背伸び」一次通過<br />09年9月25日 Daily Picks「息吹たちの夢の数 」Top掲載<br />09年11月 dpc1 2009年12月号「せいくらべ」一次通過<br />09年12月 DCM 2010年1月号「Stage」一般投稿部門「佳作」<br />10年1月 マイコミジャーナル第6回いつまでも残したい「夏」「ワイパー厳禁」読者賞銅賞<br />10年1月28日 Daily Picks「厳冬闇の息吹」Top掲載<br />10年2月9日 Daily Picks「白蒼舞麗」Top掲載<br />10年2月 dpc1 2010年3月号「雪の華」「入選」<br />10年2月 DCM 2010年3月号「みちのく列車」組写真部門「準優秀賞」<br />10年3月 dpc1 2010年4月号「厳冬闇の息吹」「入選」<br />10年3月 DCM 2010年4月号「田 季節」組写真部門「佳作」<br />10年3月 アサヒカメラ.net写真の殿堂 2010.02「冬夜オーラ」「入選」<br />10年3月26日 Daily Picks「陽昇」Top掲載<br />10年4月 DCM 2010年5月号「流留」一般投稿部門「佳作」<br />10年4月 アサヒ.net写真の殿堂 「僕は君を見届けた また来る夏の為に」総評ピックアップ<br />10年5月 アサヒカメラ.net写真の殿堂 2010.04「満たす夜」「入選」<br />10年5月25日 Daily Picks「豪」Top掲載<br />10年6月10日 第4回フォトコンテスト「風」にて「翼あるもの」PHOTOHITO賞<br />10年6月18日 GANREF Featured Photos「水と光と彩の目覚め」<br />10年6月 DCM 2010年7月号「天の空 水の空」組写真部門「佳作」<br />10年6月 アサヒカメラ.net写真の殿堂 2010.05「延長戦」「入選」<br />10年7月9日 Daily Picks「あした晴れるかな?」Top掲載<br />10年7月30日 GANREF Featured Photos「音なき波動 光の放射」<br />10年10月8日 GANREF Featured Photos「うるおひの粒」<br />10年10月24日 Daily Picks「浸秋」Top掲載<br />10年11月19日 GANREF Featured Photos「宇宙(そら)へ還る」<br />10年11月 アサヒカメラ.net写真の殿堂 2010.10「現世天空異国」「殿堂入り」<br />10年11月 DCM 2010年12月号「白い美麗」組写真部門「入選」<br />10年12月3日 GANREF Featured Photos「霧中夢中 心を凝らす」<br />10年12月 DCM 2011年1月号「シーズンスクリーン」組写真部門「優秀賞」<br />10年12月 アサヒカメラ.net写真の殿堂 2010.11「個々 此処に」「入選」<br />10年12月24日 Daily Picks「届けに行くよ」Top掲載<br />11年1月11日 第6回フォトコンテスト「冬の光」にて「凪のメロディー」入選<br />11年1月28日 GANREF Featured Photos「星降るChristmas」<br />11年2月1日 DCM 2011年3月号デジタルフォト部門「ぱぱ まま ぼく そら」予選通過<br />11年2月1日 DCM 2011年3月号デジタルフォト部門「フミキル」予選通過<br />11年2月1日 DCM 2011年3月号デジタルフォト部門「果汁色の朝湖面」予選通過<br />11年2月1日 DCM 2011年3月号プリント部門「言葉に出来ない」予選通過<br />11年2月2日 Daily Picks「ゆれる ふゆかげ」Top掲載<br />11年2月19日 DCM 2011年3月号組写真部門「硝子の林檎「佳作」<br />11年2月19日 DCM 2010年度フォトコンテスト組写真部門「2010年度年間最優秀賞」<br />11年3月1日 DCM 2011年4月号デジタルフォト部門「Modesty」予選通過<br />11年3月1日 DCM 2011年4月号デジタルフォト部門「子守唄」予選通過<br />11年3月1日 DCM 2011年4月号デジタルフォト部門「ふゆのひかり ふゆのいろ」予選通過<br />11年3月1日 DCM 2011年4月号デジタルフォト部門「Mogul」予選通過<br />11年3月25日 GANREF Featured Photos「Powdery snow hums」<br />11年4月20日 GANREF 低彩度&ローコントラストコンテスト「こころすけっち」「入選」<br />11年5月1日 DCM 2011年6月号デジタルフォト部門「Ballet dance」予選通過<br />11年5月1日 DCM 2011年6月号デジタルフォト部門「潤緑」予選通過<br />11年5月1日 DCM 2011年6月号デジタルフォト部門「霧夜 蒼と白波」予選通過<br />11年5月1日 DCM 2011年6月号デジタルフォト部門「地球は水の国」予選通過<br />11年5月1日 DCM 2011年6月号デジタルフォト部門「波に さらら」予選通過<br />11年6月1日 DCM 2011年7月号デジタルフォト部門「時刻表の無い列車」予選通過<br />11年6月10日 GANREF Featured Photos「無音無言 ココロ トイカケ」<br />11年6月26日 Daily Picks「それは どこか海底のようでもあり」Top掲載<br />11年7月1日 DCM 2011年8月号デジタルフォト部門「無音無言 ココロ トイカケ」」予通<br />11年7月1日 DCM 2011年8月号デジタルフォト部門「はんせい、、、」予選通過<br />11年7月1日 DCM 2011年8月号デジタルフォト部門「あぜみち」予選通過<br />11年8月1日 DCM 2011年9月号デジタルフォト部門「動かない時間を羽音は目覚めさす」予通<br />11年8月1日 DCM 2011年9月号デジタルフォト部門「しずか すすす」予選通過<br />11年8月1日 DCM 2011年9月号デジタルフォト部門「浸鏡」予選通過<br />11年8月1日 DCM 2011年10月号プリント部門「感嘆斜麗」予選通過<br />11年8月19日 DCM組写真部門年間最優秀賞「E.go.de」特別ギャラリー<br />11年9月1日 DCM 2011年10月号デジタルフォト部門「星零れし春のみなも」予選通過<br />11年9月1日 DCM 2011年10月号デジタルフォト部門「おいしい予感」予選通過<br />11年9月10日 Daily Picks「輝峡 帰郷」Top掲載<br /><br /><br /><br /><br />累計整理<br />*メインとしていた写真サイトが閉鎖されるので一覧整理をメモしています。<br />リンクは2012年3月末で切れてしまいます。<br />ご了承を。<br />このメインフォトサイトが無くなってしまう為にこのブログを作成に至りました。<br /><br /><a href="http://photo.sbcr.jp/album.cr?owner=8da88bd6-7017-102b-9b51-00114331ed99&amp;albumid=5949" target="_blank">Daily Picks 選出</a>18作品<br /><br /><a href="http://photo.sbcr.jp/album.cr?owner=8da88bd6-7017-102b-9b51-00114331ed99&amp;albumid=6583" target="_blank">鉄道ジャーナルフォトコンテスト</a>3選2作品<br /><br /><a href="http://photo.sbcr.jp/album.cr?owner=8da88bd6-7017-102b-9b51-00114331ed99&amp;albumid=6584" target="_blank">デジタルフォト誌 dpC フォトコンテスト</a>9作品<br /><br /><a href="http://photo.sbcr.jp/album.cr?owner=8da88bd6-7017-102b-9b51-00114331ed99&amp;albumid=6585" target="_blank">マイコミジャーナル フォトコンテスト</a>3作品<br /><br /><a href="http://photo.sbcr.jp/album.cr?owner=8da88bd6-7017-102b-9b51-00114331ed99&amp;albumid=6587" target="_blank">PHOTOHITO フォトコンテスト</a>2作品<br /><br /><a href="http://photo.sbcr.jp/album.cr?owner=8da88bd6-7017-102b-9b51-00114331ed99&amp;albumid=7260" target="_blank">アサヒ.net写真の殿堂</a>5作品<br /><br /><a href="http://photo.sbcr.jp/album.cr?owner=8da88bd6-7017-102b-9b51-00114331ed99&amp;albumid=7388" target="_blank">GANREF Featured Photos</a>9作品<br /><br /><a href="http://photo.sbcr.jp/album.cr?owner=8da88bd6-7017-102b-9b51-00114331ed99&amp;albumid=7460" target="_blank">デジタルカメラマガジン フォトコンテスト</a>14選38作品<br /><br /><a href="http://photo.sbcr.jp/album.cr?owner=8da88bd6-7017-102b-9b51-00114331ed99&amp;albumid=6586" target="_blank">他 予選通過&講評掲載</a>28作品</dd></dl>
  • Date : 2011-12-05 (Mon)
  • Category : 写真
359

輝峡 帰郷

2011年9月10日 Daily Picks Top掲載空に輝く太陽が、強烈なインパクトをもって目に飛び込んできました。墨で描いたような濃い黒が支配する世界の中で、放射状にきらめく光が力強く、そして美しく存在を主張しています。あまねく世界を照らす、太陽のパワーが感じられるような描写がすばらしいですね。連なる山並みの雄大さや、光を受けた雲の美しさも、コントラストを強調したモノクロによる表現だからこそ、余計に伝わってくる... <span id="photodescription">2011年9月10日 Daily Picks Top掲載<br /><br />空に輝く太陽が、強烈なインパクトをもって目に飛び込んできました。<br />墨で描いたような濃い黒が支配する世界の中で、放射状にきらめく光が力強く、<br />そして美しく存在を主張しています。<br />あまねく世界を照らす、太陽のパワーが感じられるような描写がすばらしいですね。<br />連なる山並みの雄大さや、光を受けた雲の美しさも、<br />コントラストを強調したモノクロによる表現だからこそ、<br />余計に伝わってくるものがあったように思います。<br />自然を畏怖する気持ちがわいてきそうな、スケールの大きさも印象的な一枚でした。<br />(Creative People事務局:編集R氏) <br /><br /><br />ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<br /><br />幾重もの峠のターンを繰り返し<br /><br />目的も無く訪ねるこの場所には<br /><br />いつも<br /><br />目的ではなく<br /><br />期待を越える出会いがある。</span><br /><span id="photodescription"><br /></span><br /><div class="separator" style="clear: both; text-align: center;"><a href="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/blog_import_4edefa9baddc6.jpg" imageanchor="1" style="margin-left: 1em; margin-right: 1em;"><img border="0" height="426" src="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/blog_import_4edefa9bcd79b.jpg" width="640" /></a></div><span id="photodescription"><br /></span>
  • Date : 2011-09-10 (Sat)
  • Category : 写真
360

それは どこか海底のようでもあり

2011年6月26日 Daily Picks Top掲載行く筋も降り注ぐ光の帯が、あたかも海底の風景を見ているかのような錯覚を味わわせてくれます。まさに光のシャワーですね。深緑一色の世界に実に神々しく光が差し込んでいて、いったいどこの森なんだろうと空想しました。空や地面などを一切カットし、光を主役にしたセンスが素敵です。木々の表面がうっすら白くなっているのも、光のかけらが降り積もったようで…。こんな神秘的な森を見つめて... <span id="photodescription">2011年6月26日 Daily Picks Top掲載</span><br /><div class="separator" style="clear: both; text-align: center;"><a href="http://2.bp.blogspot.com/-Voh3DNcl0kM/TtwdA-wLHnI/AAAAAAAAAh8/rsmxuDXLcHw/s1600/%25E3%2581%259D%25E3%2582%258C%25E3%2581%25AF%25E3%2580%2580%25E3%2581%25A8%25E3%2582%2599%25E3%2581%2593%25E3%2581%258B%25E6%25B5%25B7%25E5%25BA%2595%25E3%2581%25AE%25E3%2582%2588%25E3%2581%2586%25E3%2581%25A6%25E3%2582%2599%25E3%2582%2582%25E3%2581%2582%25E3%2582%258A.jpg" imageanchor="1" style="margin-left: 1em; margin-right: 1em;"><img border="0" height="360" src="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/blog_import_4edefa9d5c215.jpg" width="640" /></a></div><span id="photodescription"><br /></span><br /><span id="photodescription"><br /></span><br /><span id="photodescription"><span id="photodescription">行く筋も降り注ぐ光の帯が、あたかも海底の風景を見ているかのような錯覚を味わわせてくれます。<br />まさに光のシャワーですね。<br />深緑一色の世界に実に神々しく光が差し込んでいて、いったいどこの森なんだろうと空想しました。<br />空や地面などを一切カットし、光を主役にしたセンスが素敵です。<br />木々の表面がうっすら白くなっているのも、光のかけらが降り積もったようで…。<br />こんな神秘的な森を見つめていると、だんだん不思議な気分に陥ってきそうです。(Creative People事務局:編集R氏) <br /><br /><br />-------------------------------------<br />そこで<br />ファインダーを覗き感じるものは<br /><br />なぜか海底に誘われるような<br />不思議な感覚がよぎるものだった。</span></span>
  • Date : 2011-06-26 (Sun)
  • Category : 写真
361

無音無言 ココロ トイカケ

11年6月10日 GANREF Featured Photosただただ目が離せなくなるそんなワンシーンだった心の中の音や言葉や何もかもが消えてゆく感覚をおぼえた僕にそこにある何かが問いかけるものがあったそれが何なのかは未だに解らないのだけれども。。。... 11年6月10日 GANREF Featured Photos<br /><br /><br /><div class="separator" style="clear: both; text-align: center;"></div><br /><br /><br /><div class="separator" style="clear: both; text-align: center;"><a href="http://3.bp.blogspot.com/-fSPdUtHvIqE/TtvZ9OzDasI/AAAAAAAAAc8/m7iUQlYkOwU/s1600/%25E7%2584%25A1%25E9%259F%25B3%25E7%2584%25A1%25E8%25A8%2580%25E3%2580%2580%25E3%2582%25B3%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25AD%25E3%2580%2580%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25B1.jpg" imageanchor="1" style="margin-left: 1em; margin-right: 1em;"><img border="0" height="640" src="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/blog_import_4edefa9e75bd3.jpg" width="424" /></a></div><br /><br /><br /><span id="photodescription">ただただ目が離せなくなる<br />そんなワンシーンだった<br /><br />心の中の<br />音や言葉や<br />何もかもが消えてゆく感覚をおぼえた<br /><br />僕に<br />そこにある何かが<br />問いかけるものがあった<br /><br />それが何なのかは<br />未だに解らないのだけれども。。。</span>
  • Date : 2011-06-10 (Fri)
  • Category : 写真
418

言葉に出来ない

2009/5/161時18分。撮影地 福島県土湯峠への中継路にて雲海の下は福島市内です。この光景にうまいキャプションが見つかりません(笑)D700+VR24-120(24mm)マニュアルモード マニュアルフォーカスF3.5 ISO6400 30秒 14bit RAWAdobe Lightroom 2にて各種補正後に現像... <a href="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/gfnncvohqqpfrwte_re.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/gfnncvohqqpfrwte_re.jpg" alt="gfnncvohqqpfrwte_re.jpg" border="0" width="800" height="532" /></a><br /><br /><br />2009/5/16<br />1時18分。<br />撮影地 福島県土湯峠への中継路にて<br />雲海の下は福島市内です。<br /><br />この光景にうまいキャプションが見つかりません(笑)<br /><br /><br />D700+VR24-120(24mm)<br /><br />マニュアルモード マニュアルフォーカス<br />F3.5 ISO6400 30秒 14bit RAW<br /><br />Adobe Lightroom 2にて各種補正後に現像
  • Date : 2011-05-17 (Tue)
  • Category : 写真
362

こころ すけっち

11年4月20日「GANREF」低彩度フォトコンテスト 低彩度&ローコントラストコンテスト入賞(優秀賞)作品選評シャワーのように降り注ぐ木漏れ日は、とても印象的です。この絵柄は、今回のテーマのなかでもとくに難易度の高いシチュエーションだといえます。階調の幅が広い完全逆光をテーマに合わせてレタッチしています。まさにローコントラスト&低彩度の作品です。作者の腕前はもちろんですが、イメージを表現化する感性の豊かさも... <span id="photodescription">11年4月20日</span><br /><span>「GANREF」低彩度フォトコンテスト 低彩度&ローコントラストコンテスト</span><br /><span>入賞(優秀賞)作品</span><br /><span><br /></span><br /><div class="separator" style="clear: both; text-align: center;"><a href="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/blog_import_4edefaa3e6122.jpg" imageanchor="1" style="margin-left: 1em; margin-right: 1em;"><img border="0" height="512" src="http://blog-imgs-42.fc2.com/h/i/b/hibimonogatari/blog_import_4edefaa425d4e.jpg" width="640" /></a></div><span><br /></span><br /><span id="photodescription"><br /></span><br /><span id="photodescription"><br /></span><br /><span id="photodescription"><br /></span><br /><span id="photodescription"><span id="photodescription">選評<br /><br />シャワーのように降り注ぐ木漏れ日は、とても印象的です。<br />この絵柄は、今回のテーマのなかでもとくに難易度の高いシチュエーションだといえます。<br />階調の幅が広い完全逆光をテーマに合わせてレタッチしています。<br />まさにローコントラスト&低彩度の作品です。<br />作者の腕前はもちろんですが、イメージを表現化する感性の豊かさも人並み外れたものを感じます。<br />欲をいえば、地表の彩度を落としすぎた印象もありますが、<br />それを払拭するにあり余る格調の高い作品です<br />(田中達也氏)<br /><br />---------------------------<br />元キャプション<br /><br /><br />じょうずにおえかきできないけれど<br /><br />じょうずにしゃしんですけっちできました。</span></span>
  • Date : 2011-04-20 (Wed)
  • Category : 写真
347

年間最優秀賞!

2010年度フォトコンテスト年間最優秀賞を頂きました。デジタルカメラマガジンの組写真投稿部門にておかげさまをもちまして優秀賞を1月に一回準優秀賞を3月に一回入選を12月に一回佳作を4月と7月に二回その累計ポイント換算で組写真の部門で年間の最優秀賞とさせて頂けました。正式に誌面で確認が取れました。目と消えない紙に文字として残るまでってやはり信じられない訳で、嬉しい時ってガッツポースって本当に出るもんなの... 2010年度フォトコンテスト年間最優秀賞を頂きました。<br /><br />デジタルカメラマガジンの<br />組写真投稿部門にて<br />おかげさまをもちまして<br /><br />優秀賞を1月に一回<br />準優秀賞を3月に一回<br />入選を12月に一回<br />佳作を4月と7月に二回<br /><br />その累計ポイント換算で<br />組写真の部門で年間の最優秀賞とさせて頂けました。<br /><br />正式に誌面で確認が取れました。<br />目と消えない紙に文字として残るまでって<br />やはり信じられない訳で、<br />嬉しい時ってガッツポースって本当に出るもんなのですね(笑)<br /><br />あぁー感無量です。<br /><br />写真を始めて<br />コンテストの腕試しを始めてから<br />恥ずかしくて言えない目標として<br />「てっぺん」を獲る!事が密かな目標だった訳で<br /><br />その目標としては<br />コンテストカテゴリーの一番上を2つ採れていたので<br />達成と言えば達成なのでしたが<br />この充実感は今後の僕の大きな余裕になった気がします。<br /><br />そのせいで、なんだかのんびりしてしまってる感もあるのですが<br />逆に言えばそれって、今が逆に普通と言える訳で<br />今までががむしゃら過ぎた、ピリピリし過ぎていたのかな、、<br />なぁんて振り返ればそんな風に思えます。<br /><br /><br />いつぞやのブログで<br />次の目標が見えないとつぶやいていましたが<br />今考えると<br />写真に目標って要らないのかなって思えて来ました。<br /><br />もちろん<br />今度はこういうのを撮りたいとか<br />またフォトコンに応募しようとかのチャレンジや目標は<br />当然作るのかもしれませんが<br />躍起になって自分のレベルの確認や立ち位置の確認は<br />もうこれで充分なのかもしれませんね。<br /><br />もちろん世の中には<br />もっと大きなコンテストはある訳ですが<br />それにはもっと大判のプリントの応募や<br />デジタルでなくてフイルムでなければのもの等<br />もっと別次元な訳で、<br />別次元と言っても今日までして来た事が全く無な訳でもなくも<br />そこは、また別の意味のセロからの仕込みと指標と<br />全くゼロから観点を変えてみなければならない所なので<br />今の僕のキャリアや力量を冷静に見ると<br />その思考になるには<br />この先早送りできない経験と年数を経てからで無いと<br />ピンと来たり目指そうと思ったりしない次元なのかなぁと思います。<br /><br />何よりも<br />これ以上<br />撮る事の楽しみよりもそうした試験を受けるようなチャレンジの為に挑む事は<br />根本のフォトライフの根底がある人の進む所でもある事なのかなと思えています。<br />いつかそこを目指す感情も生まれるかもしれませんが<br />それには何百枚のカレンダーをめくる事と<br />何千何万枚のシャッターをしてから芽生える感情なんだろうなと思えます。<br /><br />ガチガチに<br />毎月ハラハラドキドキを続けたフォトライフから<br />ワンステップだけの卒業な事を<br />今はじんわり感じています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />cozy<br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。